無呼吸症候群  横浜 木村歯科医院
横浜・東神奈川 木村歯科医院 
矯正歯科,審美歯科,インプラント,ホワイトニング,
レーザー治療,マウスピース矯正,入れ歯,むし歯
 
木村歯科医院トップページお知らせ診療時間交通アクセス院長紹介求人情報お問い合わせ
インプラント小児歯科矯正歯科・マウスピース矯正

HOME

医院案内


治療案内


オンライン予約

診療スケジュール

木村歯科医院インプラント案内

木村歯科医院携帯サイトQRコード携帯にアドレスを送る
横浜木村歯科医院モバイルサイト
http://www.k-dent.jp/mobile/


皆様は日頃「いい眠り」をしていますか?いい眠りとは睡眠時間ではなく、眠りの質の問題です。最近、睡眠時無呼吸症候群という名前を耳にした事があると思います。
一体どうゆう病気なのでしょうか?また「いびき」とはどのように関係して、これにより皆様の生活、体調に関与するのか、更には重篤に進行した場合、多種の成人病を誘発し生命に関わるかも説明したいと思います。


睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは「7時間の睡眠中に、10秒以上の無呼吸が、30回以上または睡眠1時間あたり5回以上出現する」ことを言います。
判り易く言うと以下の様な流れが体に起こってます。

 
 
@睡眠→A気道の閉塞→B無呼吸→C血中の酸素分圧低下と二酸化炭素分圧の上昇→D覚醒(目が覚める)→E気道の開放と過剰寒気(大いびき)→F睡眠
 
これを繰り返し慢性的な睡眠不足に陥ります。

1.睡眠時無呼吸症候群にみられる主な症状および症候 
 主な症状主な症候 
 @大きないびき
@
肥満 
 A日中に突然起きる強烈な眠気
A
多血症 
 B睡眠中に激しい動きをする 
B
高血圧 
 C夜間の多尿
C
不整脈 
 D早朝の頭痛   
 E性格の変化   
 F不眠   
 G夜間の窒息感、息切れ   
 Hその他、性機能の低下など   

2. 子供の睡眠時無呼吸諸侯群
子供でも大人と同様にいびきをかく事がありますが、習慣的にいびきをかいてるようなら問題となります。子供は睡眠が成長発育に関与してくるので、その睡眠中に酸素不足に陥れば大人異常に危険な事になります。
小児のいびき、睡眠時無呼吸の原因の殆どがいわゆる「のどちんこ」の肥大により起こります。通常成長と共に、「のどちんこ」は小さくなりますが、時々そのまま成長してしまい、気道閉塞してしまう原因になります。
他にはアレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)のどもあげられます。
 

   
3.治療法 
 @ 肥満、生活習慣の改善
食事療法、運動療法、ストレス解消、睡眠不足解消(寝不足は成長ホルモン分泌が低下し脂肪細胞を減少できない。)
 
 A薬物療法 
 B外科的療法 
 C 保存療法
@ CPAP治療
A 歯科的治療〜スリープスプリント
 
    
ここでは主に「スリープ・スプリント」について説明します。

スリープスプリントとは、上下の歯列にマウスピースの装置を作製し舌で気道を塞がない様にする装置です。
これにより「いびき」や「睡眠時無呼吸」を改善する事が可能です。
また、来院回数も2〜3回で終了します。
但し、スリープスプリントは保険適応な方とそうでない方がありますから、詳細は当医院にご相談下さい。


横浜 木村歯科医院

■ 住所横浜市神奈川区西神奈川1-6-10 KOシティ61ビル1階
■ 電話 TEL.045-321-6664
アクセス JR京浜東北線「東神奈川駅」徒歩2分
 京浜急行線「仲木戸駅」徒歩3分
 東急東横線「東白楽駅」徒歩7分
 
Copyright(c) 2005 kimurashika All Rihgts Reserved.